FC2ブログ

必殺!ブランディング仕事人

商業界4月号

お伝えしなくてはいけないことがありました!
11日以降、落ち着かない感じが続き、ちょっと遅れてしまいました。

「商業界」4月号に、クエストリー櫻田が寄稿しております。

90ページからご覧ください

■業界探求特集 宝飾品店 
「違い」を生み出す5つのステップ
【緊急提言】同質化競争からの脱出が活性化の決め手! 

と題して4ページにまとめています。
小見出しをちょっと紹介すると…

●ピーク時の3分の1に縮小した宝飾品市場
●市場縮小の根本的な要因は景気ではない
●過去の体験を元にした展開
●不透明な価格設定による価格競争
●催事展開で小売店の独自性が失われつつある
●同質化競争が消費者の宝飾品離れを生んでいる
●求められる「作り手、つなぎ手、助け手」の連携
●同質化競争を抜け出す5つのステップ

という内容になっています。

93ページにある「違い」を生み出す5つのステップ
ぜひやってみてください!
スポンサーサイト



    18:13 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

3月11日

このたびの東日本地震により
大変な被害にあわれた皆様に心よりお見舞い申し上げるとともに、
犠牲になられた方々とご遺族の皆様に、深くお悔やみを申し上げます。

3月11日、ブランディングレポートのメンバーズ・ボイスのコーナーを
打ち込んでいました。

「先週のブランディングレポートの「ブランド・ウォッチング」のコーナーで
湖池屋のことが上げられています。
この日を境に、ほぼ毎日ポテトチップスを食べてしまいました。
一日一種類ずつ食べ比べてみると各社各種類にきちんと個性があって、
飽きることがないんです。
しかし体が太っていくのがひしひしとわかり、これはいかん!と
やっと食べるのをやめました。
一番気に入ったのは「ポテかるっ」です。」

というところまで書いていて、あの大きな地震がきました。


クエストリーには大きな木製のテーブルがあって、
みんなその下で地震がおさまるまで待っていました。
おさまってから近所の亀井橋公園に一時非難したのですが、
そこは高速道路の上にある橋の公園で、
余震がくるとグラグラと動きます。

まだそのときは正直この地震の規模や震源地がどんな状況だったかも分からず、
携帯のワンセグでニュースを見ながら徐々に恐ろしさがこみ上げてきました。

非難するときに、会社から非常階段で降りたのですが、
足が震えて上手く歩けなかった。

でも無事だったことのありがたさを感じています。

そして、何が出来るのか、出来ることから応援していきたいと思います。



    18:42 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

第23回ブランディングセミナーご報告

クエストリーは、3月2日(水)東京国際フォーラムにて
「第23回ブランディング・セミナー」を開催しました。

ご参加いただきました皆様、本当にありがとうございます。

テーマは「絆がブランドを強くする」でした

絆……難しいテーマでしたね。
お客様との絆、社員との絆、関係先との絆
絆を深めることで、自社のブランドも強くできる、というお話でした。

23B025.jpg


第一講座では、株式会社クエストリー 岡本から
「顧客との絆が深まるとファンが生まれる」

第三講座では、株式会社クエストリー 代表・櫻田から
「社員との絆が深まる燃えるチームが生まれる」
と題してお話させていただきました。

そして、今回の特別ゲスト講演
第二講座では、
「ただ一人のお客様を大事にする”という信念が、超繁盛店を生み出した!」
と題して
主婦の店さいち(株)佐市の佐藤啓二社長をお招きました。

2010122712464370e.jpg

以前この本を読んだことをブログにも書きました

お会いして、直接お話を伺うと、その感動はまた違いました。

23A004.jpg
▲やさしさがにじみ出ている、幸せなオーラが現れている、そんな第一印象でした。

かつて経営難にあい、佐藤社長が奥様と決めた3つのこと
① ご飯を食べるのを忘れましょう
② 寝ることを忘れましょう
そして「これが一番大事なんですが」と前ふりがあって
③ 決してうそをつかないこと

この3つを決めて、とことん取り組んでこられたのだそうです。
私には耳が痛いお言葉です。

今日送信した「ブランディング・レポート」にも書かれていますが

佐藤社長が必ず社員さんに言う言葉は
「幸せになってくださいね」
「成果の出せる人になってくださいね」
なのだそうです。

その言葉の前に「さいちで」を入れて
「さいち」は幸せになるための道具。大いに使って幸せになってほしい。
と佐藤社長は伝えるのだそうです。

お客様からお惣菜が「まずい」といわれると
つらいし、いやだし、悔しいです。
つまり幸せではないです。

でもお客様のその一言を受け止めて、取り組んで
次に「おいしい」といっていただけるようになったら
どうでしょう。幸せな気持ちになりますよね。

「(社員さんは)自分が幸せになることを考えると、
お客様のことを考えるようになるんです」

「お惣菜のレシピを捨てたのは、(社員さんが)お客様の声を聞こうとしなくなったから。
お客様はなんでも教えてくれます。」

このほかにも、胸にグッとくる言葉が、波のように押し寄せてきました。

手法やノウハウを求めがちな私ですが、
佐藤社長のお話は、どれも特別な手法やノウハウではありません。
いままで自分が見過ごしてしまっていたり、わかった気になっていた部分を
とんとん、と指摘されたような、そんな気がしました。
気持ちを変えないとだめなんだ。

佐藤社長の熱に感化されて、会場内は熱気と感動でいっぱいになりました。

佐藤社長はほとんど講演でお話しされることがないのだそうです。
貴重なお時間をありがとうございました。
    19:41 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
プロフィール

ぶらんでぃ

Author:ぶらんでぃ
株式会社クエストリーに入社。この会社でネコが触れないのは私だけ。お酒が少ししか飲めないのも私だけ。実はなぜかアロマテラピーの資格をもっています。そんな私も日々成長中です。クエストリーの名前を広く知らせること、ブランディングを通して小売店のお役に立つことを目指しています。

メールマガジン
メルマガ購読受付中!
ブランドの魂
~儲かり続ける仕組み~

ブランディングの極意から旬の
マーケティング情報まで
無料配信中
◆発行周期:月3回(1、10、20日)
◆形式:PC・携帯向け/テキスト

↓ご購読ご希望の方は、必要項目を記入し登録ボタンをクリック!

メールアドレス
氏 名
会社名
Powered by AccessMail

 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ